kokuban
user pass
kokubanbarshadow
<  2017年06月  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

2016-09-02 19:02:19

Sさん 美術研究生 ようやく「自分が何をすべきか」の答えの一部が見えたようですね。技術・感性などの問題は全くないのですが、メンタルな部分で、ずいぶん損をしていますね。本人も自覚しているのですが「積極性」が出れば、どんどん前に進めるはずです。それでも運というものがあるので、巡り会えなければ、やはり埋もれてしまいます。会社に入ってバリバリ働くようなタイプではないので「自分しか出来ない世界」が作れたらいいですね。これからも どんどん腕を磨いて下さい。


2016-07-03 14:44:50

7月は28日まで通常授業をやり、7月25日〜30日から夏期講習がスタートします。8月は特別コース(別紙参照)もありますのでご検討ください。8月29日〜31日休み、9月1日からアトリエをスタートします。


2016-07-03 14:44:04

今年の3月に「伊勢丹」が撤退して、ものの見事に人通りがなくなりました。淋しい気持ちになりながら「来年度の移転」の準備をすすめてきました。4月に「経営計画セミナー」というものに初めて参加させてもらい、今までの自分が あまりにも一方的な見方しか してこれなかったことを深く反省しています。そこで 現在はHPの改修をすすめています。「いかに人にわかりやすい広報を作れるか?魅力あるアトリエとは?」をポイントにして現在 進行中です。今までは私一人が孤軍奮闘してきましたが、今度は若手が主体になり、アトリエが 自分らの楽しい場所になるようにがんばって欲しく、スタッフ一人一人が自覚をもって行動計画を立てもらいたいです。仮店舗はそんな人たちのための実験場所になるからで、3年〜4年の間でちゃんと自立した大人になればいいなと思っています。新しいアトリエは 『TEN to MIRAI(点と未来・・ 人と人がつながる)』という場所になります。


2016-07-03 14:39:50

Yさん 都立S高校1年 現在は学校が忙しく、前ほどは来れない状態ですが、この絵は受験後からスタートしてようやく終わった絵です。現在は「構成」を主体に教えていて 夏休みにどれだけ来れるかで、学校での2学期からのさらなる進化につながると思っています。構成とはモノを見て描くだけでなく与えられたテーマにそって計画性をもち、画面をどう作りあげていく考えが必要になります。そしてその絵が見る人によく伝わるかが重要なポイントになります。デザイン専攻でも絵画(油絵や日本画)専攻でも同じことを求められます。この夏 「構成」をしっかり学んで下さい。


2016-07-03 14:37:47

H君 N高校3年 絵が少しづつ進化しています。表現方法も上達していますが、それ以上に絵のまとめ方(構成能力)がうまくなってきています。おもしろい発想をもつ生徒で、他の子たちと少し違って、独自の視点があります。まだまだ荒削りですが、コツコツ自分を信じてやっていけば、良いクリエーターになると先生は見ています。バレー部が今年で引退ですが そこから気持ちを切り替えて 美術に専念できるかが1つのキーワードになるでしょう。デッサン力も しっかりつけて下さい。


2016-05-29 11:58:17

水曜日・木曜日の生徒たちは今月は5週やりますので休まないようにしてください。25日と26日は国領あくろす3F「シェイク ハンズ」の実施のため25日の午後2〜5時は先生は不在で代わりの先生が来ます。26日は午前のみで午後はアトリエを閉めます。


2016-05-29 11:56:23

1年ぶりに山口に帰り、母親が元気だったのには安心しました。短い期間でしたが、親孝行が出来たと思います。母方の父の話で、おじいちゃんは宇部興産の会社のサラリーマンでしたが、その時代に関西学院出身のインテリで、会社の重役でしたが、偉そうにせず、孫たちにはとても優しいおじいちゃんでした。おじいちゃんの家にお泊まりする時はいつも子どもたちが寝るまで「お話」をしてくれて、私の絵本を作るルーツになっています。帰省した時に その祖父の資料を母親に見せてもらい、戦争を体験も含めて宇部興産の苦労話が載っていました。母親は二人の息子が芸術家になったのは祖父の血を継いだろうと言っており、サラリーマンながら絵の才能やセンスは抜群で、時代が違うならば、芸術家になっていたと言っていました。そんな話も聞かれるのも山口に帰ったから聞けたことと思います。


2016-05-29 11:55:04

今年の環境政策課のイベント「環境フェアー」のポスターが決まりました。実行委員会の多数決で多摩美術大学に通う2人のOGの作品よりも、現在 研究生として残っているSさんの作品に決まりした。


2016-05-29 11:47:00

K君 市立D中学2年 学校の成績も良く、部活も運動をやっています。去年からアトリエに通ってきていますが、どんどん進化しており、優秀な生徒は何事も万能なんですね。本人は将来 ロボットを作る人間になりたいと言っており、私も向いていると思います。ただ理工系というだけでなく「ロボットクリエーター」になって欲しいですね。次世代のロボットはより人間に近く、やさしい気持ちで心を病んで人たちをやさしくサポートし、高齢の人々に役に立つロボットを作れる人間がいいですね。がんばって下さい。


2016-05-29 11:44:33

Mさん 市立J中学3年 遠から通ってきています。真面目なのですが、天然系が少し入っておりユニークな愛すべき女子中学生です。美術高校を受験すると決めた時からデッサン力も力をついてきました。パソコンで絵を描くのが好きなので、デッサンと交互にやっています。部活が7月には引退の予定なので夏期講習から本格的に受験体制になります。Mさんは高校時代にいろんなことをやってアートの中で何がやりたいかを見つけられるといいですね。楽しみにしています。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 35 »