kokuban
user pass
kokubanbarshadow
<  2017年06月  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

2011-04-03 17:15:29

アトリエは「計画停電(2グループ)」のため、電気がついている時間に開けています.
遠くの高校生は休校時には朝から来れるようになっていますので、自分の都合のいい時間帯に来て下さい.
振替は出来ません.
メール又は電話して下さい.
ご協力お願いします。


2011-02-27 16:53:34

3月21日(祭日)はアトリエはやります。23日は小学生のみの授業になり
ます。(先生が商店会の旅行のため)中・高校生は休みになります。
その振替として,中・高校生のみ30日をやります。
春休み29・30日のみです。GWに長く休みます。
話は代わりますが、先生の古くからの友人「小嶋 伸」の作品展が 新宿高島屋で開催され、7年ぶりくらいに話が出来ました。
私も彼も忙しいのでなかなか会えないのですが、昔話は全然なくて、話題は彼の映画「A Live」でした。
詳しくは来月に書きますが、とりあえずDVDが発売されており、アトリエで見ることが出来ます。


2011-02-27 16:52:45

東京造形大学は発表がありました。
アトリエの現役・浪人生併せて6人が受験し5人合格、多摩美大は2名、武蔵美大は4名、合格でした。
まだ芸大がありますので、みなさんがんばって下さい。
昨年より受験対策が進化しています。
ただ受験アトリエを目指している訳ではないので、結果は大事ではありません。
現在の2年生も受験勉強がスタートしましたが、「この一年が大事」ということです。


2011-02-27 16:49:51

先生はこのグラフィックデザイン科を卒業しました。平面系の中心になり、昔は映像も情報デザインもこれに含まれていました。卒業後も多職種に分かれて、同級生はそろぞれ活躍しています。今でも学生さんは、色んな勉強をさせられているようです。各美大の中心になっていますので、一番 倍率が高いです。だから『自分が何を大学時代にやってみたい』かを、しっかりイメージしてチャレンジして下さい。


2011-01-30 16:46:38

いよいよ試験が近づいてきています。
高校3年生は朝10時から来ており、夜の枠があきますので、来年の美術高校受験組と高校生には、それぞれ曜日を増やすように伝えてあります。
2月から入れていきますので、早めに申し込んで下さい。
また、2月6日より受験英語教室をスタートします。
毎週日曜日朝10時半から12時までやります。
昨年は試験的でしたが、今年からは本格的にスタートします。
研究生は月4回で¥3200です。
(先生に無理をいってお願いしています。授業はプリントで進めるので、筆記用具だけで大丈夫です。やむなく休んでもプリントを渡しますので、値段は同じです。)
ホームページで一般募集もしていますが、一般は¥6000です。
今年は語学力をつける事を目標にしており、美術大学生や社会人向けのアート関係の英語講座も7月からスタートする予定です。
それぞれがんばりましょう。


2011-01-30 16:44:05

プロダクト・デザインって何を勉強するの?
A 昔からある「工業デザイン」です。
この科は家電・車・日用品などの立体デザインですが、会社に勤める人間でないと、大学に行く意味がないくらいシビアなものです。
サンプルを作るのが大変なので、自分でやる事は難しいです。
普通の大学にある意匠デザインとは少し中味が違います。
アトリエの卒業生ではU君(トヨタのデザイン勤務、 武蔵野美大卒)がいます。
今年も3名、プロダクトデザインを受験します。


2011-01-16 17:21:13

2月6日から 美術系大学の入試対策の英語授業をスタートします。
毎週日曜日の朝10時30分〜12時。
夏前までは1・2年の復習を兼ねて、アートに関する用語の勉強をします。
夏休みは特別講習で、2学期以降はセンター対策の英語学習をして、テストが多数あります。
持ち物は筆記用具のみです。
授業料は一般は月4回で6000円です。
格安で先生に来てもらっています。
先生は中津先生(法政大卒)
問合せは調布美術まで
TEL 042-486-0170


2011-01-10 11:45:27

昨年から英語の勉強を試験的にスタートしました。私自身も9月から参加しています。私はアジア経済の中心が日本から他の国に分散している現在、若者たちは積極的に他の国々に目を向けていく事が必要になると痛感しています。今の子どもたちがこれから生き残るためには、他の子にはない武器(自分にしか出来ないこと)を持つことと、言葉の壁を無くすこと、その2点が非常に大事、と思い始めました。我々の生きてきた高度成長の日本はもう ありません。だから今の大人たちが、若い時に経験した価値観は 子どもたちには通用しません。2011年は、この2点を中心にアトリエの方向性を決めて、ひとりでも多く「立派な大人」を育てたいと思います。


« 1 ... 32 33 34 (35)